サンリのブログ

韓国(観光地・美容・KPOP・ファッションなど)について発信するブログ。時々雑記。

【ネタバレ】「PRODUCE X 101(プデュX)」第一話あらすじ。順位・注目メンバー・新ルール発表!!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは。サンリ(@sanriblog)です。

 

PRODUCEX101 プデュX ランクテスト

 

韓国の大人気オーディション番組「PRODUCE X 101」の第一話見終わりました!!!

シーズン4も1話目から感動したりハラハラしたりで大変でした。

 

それでは、「PRODUCE X 101」の第一話をまとめて書いていきます。

1話の内容ネタバレします!!!嫌な方は閉じてください!!!(*_*;

 

 

目次

 

 

 

「PRODUCE X 101(プデュX)」ルール説明

 

まず国民プロデューサー代表のイ・ドンウクさんから「PRODUCE X 101」のルール説明がありました。

 

 

「PRODUCE X 101」デビューできるのは11人

 

アイドルグループとしてデビューできる人数は11人。

 

「PRODUCE X 101」に参加している練習生101人の中から11人がデビューできます。誰がデビューできるかは「国民プロデューサー(視聴者)」の投票数の順位によって決まります。

 

 

今までのデビュー人数は、

シーズン1 I.O.I「11人」

シーズン2 Wanna One「11人」

シーズン3 IZ*ONE「12人」となっています。

 

 

 

 

「PRODUCE X 101」11人目は総合投票数

 

デビューできる練習生はいつもと同じく「国民プロデューサー」の投票数の順位によって決まります。しかしそれは1位~10位までの話。

 

ここからが新ルール。

最後の11人目は順位が11位の練習生ではありません。

 

1回~4回までの合計投票数が1番多かった練習生が最後の11人目となります。

最後まで人気をコツコツ集めて努力した練習生が11人目になることができます。

 

 

 

 

「PRODUCE X 101」Xクラス誕生

 

いつも初回放送で行うレベルテスト。

これまでは練習生の実力をA~Fクラスに分けていましたが、今回はA~Dクラス、そして新しく誕生したXクラスに分けられます。

 

いつもはレベルテストが終わるとトレーニングセンターへ行き、クラス別にダンスとボーカルのレッスンが始まります。

 

しかし今回Xクラスになった練習生は、

 

 

トレーニングセンターへの入所禁止( ゚Д゚)

 

 

え( ゚Д゚)トレーニングセンターへの入所禁止て。

トレーニングできないの?!

 

1話ではまだXクラスがどうなるのか分かりませんでした。

練習生たちも「Xになったらどうなるの?!もう終わり?!家に帰るの?!」と困惑していました。

 

 

 

 

今回のデビュー期間はなんと5年!!!

 

シーズン1~シーズン3までのデビューしたグループの活動期間は、

 

シーズン1「I.O.I」10ヶ月

シーズン2「Wanna One」1年半

シーズン3「IZ*ONE」2年6ヶ月

 

です。

 

 

今回の「PRODUCE X 101」で決まったグループの活動期間は

 

なんと5年!!!

 

活動期間長っ( ゚Д゚)

 

初めの2年6ヶ月はグループを専属で活動、残りの2年6ヶ月は(ソロ活動や他のグループなど)兼任で活動してもOK。

 

 

 

 

「PRODUCE X 101(プデュX)」注目メンバー

 

1話のレベルテストを見て、気になった練習生たちを書きました。

 

 

PRODUCE X 101注目メンバー「ソン・ドンピョ」

 

まずはDSPメディアのソン・ドンピョ練習生。

 

 

彼は初回放送前に披露されたタイトル曲のセンターに見事選ばれた練習生なのでずっと注目していました。

 

愛嬌や表情がシーズン2でタイトル曲のセンターを務めたイ・デフィに似ていると騒がれています。

 

ジェスン先生に「ドンピョは何かアピールできるものはある??」と聞かれた時に、「何が見たいですか??^^」と自信たっぷりな返事。

 

 

ダンスを披露した後、「踊ってる間ずっと私を見ながら愛嬌を振りまいてたね…」とドンウク代表が言うと「誘惑してみました^^」と返事。

その答えにドンウク代表も爆笑していました。

 

 

ドンピョくん!!!あざとい!!!

 

 あざとい感じもデフィちゃんに似ています。

評価はBクラスでした。

 

 

 

 

PRODUCE X 101注目メンバー「ソン・ヒョンジュン」

 

 

STAR SHIPのソン・ヒョンジュン練習生。 

 

曲を披露した後、ヨンジュン先生に「ヒョンジュンはダンスが上手かったからもう1回踊ってみて」と言われたけど「………あー。えーっと…」と自信なさそうな返事。

先生に「もういい。自信が無ければしなくてもいい」と言われてしまいます。

 

 

 

毎回実力のある練習生が登場するSTAR SHIP。

先生たちも期待していたのに呆れていました。

ダンスは上手いと褒められたのに態度が原因で評価はXクラスでした。

 

 

 

 

PRODUCE X 101注目メンバー「キム・ヨハン」

 

 

OUIのキム・ヨハン練習生。なんと練習期間3ヶ月。

 

 

お父さんがテコンドーの先生なので、小さい頃からテコンドーをしており、大会でも何度も優勝。お父さんの言われたまま気付いたら自然にテコンドーの選手になる道を歩んでいたヨハン君。

 

奨学生で大学にも入ったのですが、テコンドーではなく自分の好きなことをして生きたい。もう自分の道を自分で決めてもいい歳だと判断し、大学を辞めて前から夢だったアイドルになるため練習生に。

 

 

練習期間が3ヶ月なので先生たちも期待していなかったのですが、ヨハン君が歌い出すと「ん?」という表情でイヤホンをつけ、ヨハン君の歌声をしっかり聞きだすソクフン先生。

 

 

歌もダンスも想像よりも上手かったので先生たちを驚かせます。

先生たちの期待を良い意味で裏切る感じ・・・好きです!!!(*ノωノ)

 

 

評価はなんとAクラス!!!

 

実力はAではないが練習すれば伸びる。可能性を見たらAにしてもいいんじゃないかと先生たちが判断し、Aクラスになりました。

 

 

テコンドーで奨学金を受けてエリート学校に入れるほどなら将来有望なのに、それを諦めてまでここに来るのは相当な覚悟とやる気があるんだとドンウク代表もこれからの彼に期待していました。

 

 

 

 

PRODUCE X 101注目メンバー「パク・ソノ」

 

 

sidusHQのパク・ソノ練習生。

ソノ君は現在俳優として活躍していて、ドラマの主人公もしたことがあるそうです。

 

 

元STAR SIPの1期生で、ソユと一緒に練習生をしていました。

練習生期間は10年以上。

中学3年生の時から練習生をしています(現在27歳)。

 

 

ドンウク代表が「ドラマの主人公も演じて俳優で成功しているのに、どうしてまたアイドルになりたいと思ったの?」と質問。

 

 

アイドルになる夢を叶えるために6年間STAR SIPの練習生として頑張ってきたソノ君。デビューできそうな機会はあったのに、デビュー前になるとメンバーから脱落。2回も脱落を経験しました。

 

俳優に転向し成功しましたが、時々音楽番組を見ていると「やっぱりステージで歌を歌ってダンスを踊りたい」という思いが強く出てくるそうです。

 

俳優がアイドルのオーディション番組に出るのはおかしいと思う人もいると思うけど、アイドルになりたいという小さい頃からの夢があるので、叶えられていない夢を叶える最後の機会だと思って参加したと言っていました。

 

 

ソノ君のダンスを見て涙が止まらないジェスン先生。

ソノ君がSTAR SIPの練習生の時にダンスを教えていて、仲も良かったそうです。

 

ソノ君の歌声に一緒に練習生をしてきたソユも泣いていました。

 

 

評価はBクラスでした。

 

 

 

 

PRODUCE X 101注目メンバー「キム・ドンビン」

 

 

MLDのキム・ドンビン練習生。

 

ドンビン君はシーズン2にも出演していた練習生です。

シーズン2では最終順位58位。

 

シーズン2では緊張して泣いてしまったり、実力不足の姿しか見せられなかったことを後悔し、もう一度参加を決意。

 

 

レベルテストでは、シーズン2のレベルテストで披露したのと同じ曲を披露していました。ダンスも歌もめちゃくちゃ成長してるドンビン君!!!

 

先生たちもみんなビックリしていました。

他の練習生たちも「シーズン2の時と全然ちがう!!!上手!!!」と驚いていました^^

 

 

中でも大感動しているチーター先生が印象的でした。

成長した姿を見せてくれてありがとうとドンビンに伝えていました。

 ソクフン先生やジェスン先生も凄く嬉しそうな表情でドンビン君のことを見ていました^^

 

 

ドンビン君の評価はBクラスでした。

 

 

 

 

PRODUCE X 101注目メンバー「BRAND NEW MUSIC」

 

BRAND NEW MUSICの練習生4人です。

 

シーズン2の時にBRAND NEW MUSICの練習生は成績がよかったので、今回も凄いのではないかと期待されていました。

 

すごく期待されているのでがっかりされないか不安だと言っていましたが、歌とダンスを披露すると先生や練習生のみんなから「やっぱりBRAND NEW MUSICは凄い」と評価されていました。

 

 

 

 

BRAND NEW MUSICの練習生の中でも、ウンサン君は「イケメンだ!!」と先生や他の練習生たちの視線を集めていました。

 

 

BRAND NEW MUSICのメンバーはチームワークが良くて、4人でデビューできそうなくらいでした。

レベルテストでは4人で作詞作曲した曲を披露したり、みんなで励まし合ってる姿が先生たちも見ていて気持ちが良いと言っていました。

 

 

テストの結果はユン・ジョンファン練習生とイ・ウンサン練習生が「A」、キム・シフン練習生とホン・ソンジュン練習生が「B」でした。

 

 

 

 

シフン君は一緒に練習してきたメンバーが2人もAクラスになれて、自分がAをもらうより嬉しいと喜んでいました。

 

 

 

 

PRODUCE X 101注目メンバー「ナム・ドヒョン」

 

 

MBKのナム・ドヒョン練習生。

 

 

練習期間が5ヶ月の練習生です。

小さい頃からピアノを習っていて10歳の時には作詞作曲ができるようになり、1週間で5曲作ることもあるそうです。

 

ラップ歴は3ヶ月ですが、先生に「ラップを聞かせて」と言われると自作ラップを披露。

ダンス歴も2ヶ月ですが「あの年であれだけ踊れれば天才だ」とジェスン先生に言われていました。

 

 

天才型です。評価はAでした。

 

 

 

 

PRODUCE X 101注目メンバー「マイティーン」

 

最後はTHE MUSIC WORKSの2人。

 

 

キム・グクホン練習生と、

 

 

 

ソン・ユンビン練習生。

 

 

マイティーンというアイドルグループで活動している2人です。

 

2人ともダンスも歌もかっこよく、先生たちも安心して見ていました。

ソユが「期待に応えてくれてありがとう」と言っていました。

 

 

評価は2人ともAクラスでした。

 

 

 

 

「PRODUCE X 101(プデュX)」第一回順位発表

 

第一話で現時点での順位が発表されました。上位11人を発表します。

 

 

1位 キム・ミンギュ(김 민규) 事務所:Jelly fish

2位 クジョンモ(구 정모) 事務所:STAR SHIP

3位 キム・ヨハン(김 요한) 事務所:OUI

4位 チャ・ジュノ(차 준호) 事務所:ウリム

5位 キム・ウソク(김 우석) 事務所:TOPメディア

6位 ソン・ドンピョ(손 동표) 事務所:DSPメディア

7位 イ・ユジン(이 유진) 個人練習生

8位 イ・セジン(이 세진) 事務所:iMe KOREA

9位 ソン・ヒョンジュン(송 형준) 事務所:STAR SHIP

10位 イ・ジヌ(이 진우) 事務所:マル企画

11位 カン・ミニ(강 민희) 事務所:STAR SHIP

 

 

 

 

個人的に投票したい練習生

 

第一話見た段階で、私がもし国民プロデューサーになって11人投票するなら誰に投票するか書いてみました。

まだ1話しか見ていないので、ほとんど顔の好みになってしまいますが・・・(^^;

 

 

1. イ・ジヌ(이 진우) 事務所:マル企画

2. キム・シフン(김 시훈) 事務所:BRAND NEW MUSIC 

3. トニー(토니) 事務所:HONGYI

4. チェ・ビョンチャン(최 병찬) 事務所:PLAN A

5. ク・ジョンモ(구 정모) 事務所:STAR SHIP

6. キム・ミンギュ(김 민규) 事務所:Jelly fish

7. ソン・ドンピョ(손 동표) 事務所:DSPメディア

8. ハン・ギチャン(한기찬) 事務所:fantagio

9. パク・ソノ(박 선호) 事務所:sidusHQ

10. ナム・ドヒョン(남 도현) 事務所:MBK

11. イ・セジン(이 세진) 事務所:iMe KOREA

 

 

 

 

以上PRODUCE X 101、第一話についてでした!!!2話も楽しみです!!!

それでは今日はこの辺で!!!ありがとうございました。

 

 

 

 

他にも「PRODUCE X 101」について書いています('ω')ノ
www.sanriblog.com

 

 

 

インスタもしています('ω')ノ

サンリインスタ

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村